偏頭痛の原因を病院で解明【放っておくと大変な頭痛を知ろう】

女医

すぐに診てみらいましょう

カウンセリング

偏頭痛がしたら、すぐに病院に行ってその原因を調べてもらうようにしましょう。そのまま放置しておくと、偏頭痛がよりひどくなってしまう事もあります。ですから、早急に対処して治療を行うのがベストな方法と言えるのです。

View Detail

頭痛のタイプを知る

うつ

偏頭痛は、いろいろなことが原因で痛みが起こります。人によって違うので、まずは病院へ行って自分の頭痛のタイプを知ることが大切です。そして、タイプに合った処置の仕方などを教えてもらいながら改善していくのがいいです。

View Detail

快適な生活を送るために

女性

頭痛を誘発するもの

偏頭痛が起こる原因はいくつかあります。頭部の血管がなんらかの原因で拡張し、神経を刺激することで炎症を起こし、さらに血管が拡張することで偏頭痛が起こります。また、ストレスや過労、睡眠不足、女性ホルモンの低下、環境の変化なども原因とされます。逆に仕事のストレスからの解放、悩みからの解放によって偏頭痛が起こることもあります。また、気圧、気温、湿度の変化によって偏頭痛が起こる場合もあります。例えば、低気圧が近づいてきたり、寒さによって頭痛が誘発される場合もあります。これは急激な気温の変化に身体がついていけないからだとされます。食べ物、飲み物も偏頭痛を引き起こす原因となります。アルコールは血管拡張作用のある物質が頭痛を発生させる原因となります。チョコレートやチーズなども、血管を拡張する物質が含まれているため偏頭痛を起こす原因となります。偏頭痛は血管がなんらかの原因で拡張することで神経が刺激されることで起こるので、チーズやチョコレートはその原因ともなります。

的確な治療をするために

頭痛にはタイプがあるので、自己判断では間違った判断をしてしまいます。また、タイプによって治療が異なってくるので、間違った判断をしないように病院に行き、的確な診断を受ける必要があります。さらに病院に行くメリットは、的確な診断で的確な薬を処方してもらえます。自己判断で市販薬を飲み続けると、頭痛を悪化させることもあります。飲みすぎると薬物乱用頭痛を引き起こす危険性もあるので、医師の指示に従って正しく薬を飲むことが大切です。また、病院で診察してもらうことで命に関わる大きな病気を見るけることができます。くも膜下出血や、脳腫瘍、脳出血などの病気に気付かず、普通の頭痛と勘違いしてしまうことも多くあるので、病院を受診することが必要です。頭痛外来に限らず、脳神経外科、神経内科、精神科でも受診することが可能です。また、医師に正しく症状を伝えることが必要です。コミュケーションがしっかりとれないと別の病気と判断されてしまうこともあるので、どのような痛みか、いつからなのか、どこが痛むのかなど、しっかり伝えることが大切です。

メカニズムと緊張型頭痛

男性

偏頭痛の原因は、血管の拡張にあります。血管が拡張して炎症が起こり、さらに血管が起こるというプロセスを経ます。こうした頭痛は、緊張型頭痛とは根本的に原因が異なりますので、しっかりとした治療や対策をとる必要があります。

View Detail

頭がずきずき痛む理由

医者

偏頭痛は頭の片側がずきずき痛み、場合によっては他の病気の可能性もありますので、病院に行って痛みの原因を調べてもらい、薬を処方してもらうようにしましょう。痛みの前に閃輝暗点のような前兆や予兆が現れることもあります。また、血管の拡張が主な原因ですので、アルコールの過剰摂取や長湯は避けましょう。

View Detail

突然起こる頭痛

カウンセリング

頭痛には病気が原因のものと、原因不明の偏頭痛があります。病気の完治と共に治るものや、定期的に突然起こるものもあり、薬物療法で痛みを回避するのが一般的です。脳の血管が拡張する事で三叉神経が痛みを作り出してしまうため、冷やしたり、血管を収縮させる食材の摂取も効果的です。

View Detail