偏頭痛の原因を病院で解明【放っておくと大変な頭痛を知ろう】

男性医師

突然起こる頭痛

カウンセリング

理由のわからない頭痛

頭痛の原因にはさまざまりますが、大きく分けて二種類あります。脳の病気や風邪や発熱によるものなど原因が特定できる頭痛と、原因が特定できず定期的に起こる偏頭痛があります。前者では他の器官の病気を知らせるシグナルとして頭痛が起こる場合もあり、その器官の病気を治すことで頭痛も自然と回復していきます。偏頭痛は慢性的に予期無く起こるため、精神的な不安やストレスが生じたり、身体的にも辛い状態といえます。いつ起こるのかわからないために対策をとるのが難しい症状です。偏頭痛の主な症状は、ズキズキと脈打つような痛みがあり、程度が酷い時には生活に支障が出てしまうこともあります。首回りや頭部に付随する筋肉が緊張して起こる偏頭痛は、締め付けられるような痛みが伴い、肩や首が凝りやすい人に多く発症します。長時間のデスクワークや同じ姿勢のまま仕事をしている人の中に、慢性的な頭痛に悩まされている人が多くいます。体調により集中的に原因がわからぬまま起こることもあり、痛みをいかに回避するかが大切になります。

血管拡張の抑え方

偏頭痛が起こる原因の一つに、血管の拡張があります。脳に流れる血管が拡張する事で、脳の神経である三叉神経を圧迫し刺激を与えます。三叉神経は刺激を受けると痛みを引き起こす炎症物質を作り出します。この炎症が傷みとなるといわれています。偏頭痛の治療には薬物療法が効果的です。脳の血管の拡張を抑える薬はさまざま開発されており、自分の体質に合う副作用の少ないものを処方してもらいましょう。あまり定期的に飲用すると頭痛が治らなくなることもあるので、専門医の指導の下服用するとよいでしょう。薬物療法以外にも首や患部を冷やすことで血管の拡張が抑えられ、痛みが軽減することがあります。リフレッシュしようとシャワーや入浴をすると温めてしまうことで逆効果になります。また、血管を収縮させる作用のある食材や飲料を利用してみるのもよいでしょう。カフェインを含むコーヒーや紅茶、緑茶は血管を収縮させる働きがあります。逆にチョコレートや赤ワイン、チーズなどは偏頭痛を起こしやすいことがあり、摂取時には注意が必要です。